幼児教室で我が子に明るい未来を|KIDSスクスクール応援団

勉強

英会話スクールに通う

コミュニケーションツールとしての英語

女の子

英語の重要性が言われて久しい今日、小学校で英語教育が必須になりました。低年齢からの語学学習については賛否両論あるものの、多くの家庭では「子供に英語力は必要だ」と考えています。 このような中、ただ「英語」が出来れば良いというのではなく、「使える英語」が求められています。「使える英語」とは、コミュニケーション手段としての英語です。「読み書き」を重視している学校英語では、なかなか身に付かないものです。 近年では、「使える英語」を身につけるために、英会話スクールに通う子供達が増加しています。この需要の高まりから、今日の英会話スクールでは新規コースを開設したり、講師人数を増やす等様々な対応を行なっています。かつてない程に英会話スクールが開校され選択肢が増えた一方、どの英会話教室にするべきか悩みの種になっています。「コミュニケーションツールとしての英語」を習得し、真の英語力を培いたいのであれば、スクール選びを慎重におこなうことが大切です。

日常的に英語を取り入れよう

子供向けの「英会話」レッスンは、大人向けのものとはアプローチが異なります。大人のレッスンでは、「語彙」や「文法」等の面も重点的に学習が行なわれます。一方、子供のレッスンでは「楽しく、自然に英語を学習する」レッスンが行なわれます。文法的に正しくない言葉を話しても、厳密に訂正はしません。講師が正しい言葉を話すことで、自然と子供達は文法的に正しい言葉を習得していきます。1つ1つ間違いを訂正しても、効果がありません。そのため、多くのレッスンでは講師と子供達のコミュニケーションを通じてレッスンが進んでいくのです。 「英会話」スクールでの効果をより一層高めたいなら、家庭でも日常的に「英語」と接することが必要です。様々な教材が開発されている今日では、難しいことではありません。この家庭で取り組みが、スクールでのレッスンをより実りあるものにしてくれるのです。